デザインや価格にこだわる建築会社はたくさんあります。
しかし、家の「性能」にこだわり抜いた建築会社は
数少ないのです。

家の価格やデザインよりも
性能にこだわるユーザーが
増えています

(出典元:住宅金融公庫「2019年度における住宅市場動向について」)

性能を怠ると
デメリットがいっぱい

マイホームは
性能を考えないと
取り返しのつかないことに!

FPパネル(断熱材)工法の家なら全て解決!

FPの家(=超高性能住宅)で
手に入る4つのメリット

資産価値が
高い家~孫の代まで住み継ぐ家~

資産価値が高い
サム子

ねぇねぇ、パンイチ君。
日本の家は一般的に30年で建て替えるのはどうして?

パンイチ君

それはね、家が結露によって腐っていくからだよ。

サム子

結露って窓がびしょびしょに濡れること?

パンイチ君

結露には、壁の中で起こる「壁内結露」というものもあるんだ。そもそも結露というのは、家の中の空気に含まれる湿気が窓際などの冷気によって冷やされて、水蒸気が水に変わることで発生するんだよ。
だからエアコンをつけているときに部屋の中と壁の中に温度差が生まれて、断熱材に逃げ込んだ空気が結露を発生させるんだ。

サム子

この壁内結露によって家が腐るのね。
壁内結露を防ぐことはできないの?

パンイチ君

ズバリ結露に強い「断熱材」を選ぶこと。これに尽きる!性能を気にせず価格だけで断熱材を選んでしまったら、壁内結露が起きて家が腐り、高いリフォーム費用が必要になる・・・なんてこともあり得るんだ。
「FPの家」では結露に強い断熱材のFPパネルを使い、壁内結露に強い家づくりをしているよ。
その自信の証として、無結露50年保証という保証制度があるんだ。

サム子

50年も保証してくれるなんて!
壁内結露に対する絶対の自信があるのね!
FPの家ってすごいんだ!!!

壁内結露とは?

壁内結露とは、水蒸気を含んだ温かい空気が壁(断熱材)の内部に侵入し、空気が冷やされ水蒸気が水滴となり壁内に水分がたまる現象です。空気は温度が高い方から低い方に流れるため、夏は外から家の中に、冬は家の中から外へと移動します。
そのため、内部結露を防ぐには、季節に関係なく壁の中に低温部分を作らないこと、そして低温部分に水蒸気を入れないことです。
一般的に7℃前後の温度差が生まれると結露が発生すると言われています。

■壁内結露の仕組み

室外と室内で7℃前後の温度差が生まれると結露が発生!
FPの家の自信の証

FPの家の自信の証

「FPの家」は、全て独自に開発したFPウレタン断熱パネルを使用しています。
FPウレタン断熱パネルの素材は硬質ウレタンフォームといい、水や空気をほとんど通さない構造になっています。
素材そのものの優れた耐水性・防湿性に加え、施工においても外壁下地の内側に通気層を設ける仕様が、湿気の侵入や滞留をブロックし、壁内結露を防ぎます。
経年による品質劣化や性能劣化が極めて少ないFPウレタン断熱パネルは高性能証として壁内の無結露50年保証をお約束しています。

水害にも強い
高気密の家

隙間は、一般住宅の20分の1

気密性の高い家は隙間がほぼありません。隙間がないということは、室内への水の侵入も防ぎます。
下の図は、気密性能を表す「C値」を一般の住宅と比較したものです。C値とは住宅における隙間相当値のことで、数値が小さいほど気密性が高いことを意味します。FPの家のC値の全国平均値は0.44㎠/㎡であり、気密性に配慮していない一般住宅9㎠/㎡と比べ約1/20です。
これは業界トップレベルの数値であり、FPの家の気密性の高さを示しています。

■一般住宅とFPの家のC値の比較

優れた耐久性能

ジャパンレジリエンスアワード2020

優れた耐久性能

「ジャパンレジリエンスアワード(強靭化大賞)」(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)とは、強靭化に関する活動に取り組んでいる製品や企業、団体を日本全国から発掘し評価・表彰する制度です。
FPの家で使用されているFPウレタン断熱パネルは壁内の無結露50年保証を実施していることや、業界初となる国土交通省認定(面材も筋交いもない断熱材として壁倍率2.1倍を実証)を取得し、国から優れた強靭性を認められるなど、様々な取り組みや実績が高い評価を受け、受賞に至りました。

\まずはカタログを見てみませんか?/ 無料カタログ請求

災害(地震・水害)
強い家~様々な災害に負けなかった家~

地震・水害に強い

震災に耐えた
「FPの家」の実例

東日本大震災で耐えたFPの家

2011年3月に発生した東日本大震災において、岩手県九戸群野田村の民家の中で唯一津波に流されませんでした。

熊本地震で耐えたFPの家

2016年4月に発生した熊本地震において、熊本県益城町のFPの家は倒壊しませんでした。

災害に強い
構造の秘密とは?

FP軸組工法

FPの家で採用されているFP軸組工法は、FPウレタン断熱パネル(硬質ウレタン+木枠パネル)を建物の躯体に組み込むため、一般の工法より高い強度を実現できます。
また、一般的に硬質ウレタンは日光に当たると、劣化のスピードが速まりますが、FPウレタン断熱パネルは、劣化が少なく長期間に渡り性能の品質が維持されることが実証されています。

FP軸組工法と一般的な軸組工法との違い

FP軸組工法と一般的な軸組工法の強度を比較してみると、一般的な軸組工法の強度に対し、FP軸組工法の強度は1.7倍もの壁組強度(応力=物体内部の抵抗力) があることが証明されました。 ※実験により実証

■一般住宅とFPの家の壁倍率の違い

業界初国から認められた
FPパネルの耐震性能

実証済み!安心の耐震性・耐火性

震度7(阪神・淡路大震災と同レベル)の振動やより強い振動を与えた耐震実験を行った結果、FPウレタン断熱パネルを使用した建物にはほとんど影響はありませんでした。 また、FPウレタン断熱パネルは耐火性にも優れており、400℃前後までの耐火性を実証しました。

業界初!国土交通大臣認定

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)が壁倍率2.1倍の国土交通大臣認定を取得しました。耐力面材や筋交いのないパネル枠と一体成型された硬質ウレタンフォームが主耐力として認められた壁倍率大臣認定は、業界初となります。(※当社調査による。)
これによりFPウレタン断熱パネルは耐震部材としてだけでなく、耐久面でも優れていることが証明されました。

水害にも強い
高気密の家

隙間は、一般住宅の20分の1

気密性の高い家は隙間がほぼありません。隙間がないということは、室内への水の侵入も防ぎます。
下の図は、気密性能を表す「C値」を一般の住宅と比較したものです。C値とは住宅における隙間相当値のことで、数値が小さいほど気密性が高いことを意味します。FPの家のC値の全国平均値は0.44㎠/㎡であり、気密性に配慮していない一般住宅9㎠/㎡と比べ約1/20です。
これは業界トップレベルの数値であり、FPの家の気密性の高さを示しています。

■一般住宅とFPの家のC値の比較

\まずはカタログを見てみませんか?/ 無料カタログ請求

わずかな冷暖房で
快適な暮らしができる
家計に優しい家

光熱費ダウン

FPの家なら光熱費が
約40%も安くなる

FPの家は、消費エネルギーが少ない!だから、光熱費が安い!

エネルギー消費量が少なければ少ないほど、光熱費は安くなります。
FPの家に使われる断熱材「FPパネル」は断熱性能に優れているため、魔法瓶のように快適温度をずっと保ち続けるので、一年中家の中の温度が一定です。下の表は、他の住宅と比較した場合のエネルギー消費量と、実際にかかる費用を比較したものです。

  • ■一次エネルギー使用量

  • ■光熱費比較表

FPの家の断熱性能が
高い4つの理由

  • 高断熱

    夏の熱気や冬の冷気を室内に入れず、家中の温度を快適に。

  • 高気密

    家の隙間が少ないので、隙間からの空気の侵入をブロック。

  • 蓄熱

    熱や冷気を逃がしにくく、快適な温度がいつまでも室内に。

  • 輻射

    床・壁・天井に溜まった熱が室内を温め、いつでも快適な温度に。

FPの家=ZEH
(ゼロエネルギー住宅)

ZEHとは?

ZEH(ゼロエネルギー住宅)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、ひと言で言えば「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅です。
国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。断熱性能の高い家と省エネ設備で消費エネルギーを減らし、さらに太陽光発電などによりエネルギーを創り出し、暮らしに使うエネルギーの収支をプラスマイナスゼロにするのが基本的な仕組みです。

■ZEHの仕組み

FPの家はZEHに最適

FPウレタン断熱パネルは、ZEHが求める基準以上の高い性能を長期間保つことができ、他の断熱材では実現できません。なぜなら、
FPウレタン断熱パネルは経年変化が少なく、優れた・耐久性・耐水性能を持つからです。
「FPの家」は、FPウレタン断熱パネルを組み込んだ箱型の一体構造で、隙間が少なく高い断熱性・気密性が実現します。具体的には、外に逃げずに室内に溜め込んだ熱が壁・床・家具などに蓄熱され、魔法瓶のように室内を保温します。
そのため、少ないエネルギーで、夏は涼しく、冬は暖かいという理想の省エネ生活が可能なのです。

ヒートショック0ゼロ

FPの家の高断熱!だから部屋の温度が一定

FPの家は断熱性能が高い部屋や廊下の温度が一定に保たれます。そのため、家の中の急激な温度差を原因としたヒートショックの心配がありません。例えば、寒い冬に、暖かい浴室から寒い脱衣所へ移動すると急激な温度変化が生じ、血圧の上昇が起こり、心筋梗塞、脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こします。
このヒートショックが原因で亡くなる方は、年間1万人以上と言われており、この数字は過去約50年間減少していません。ヒートショックの事故を未然に防ぐ為、家全体の温度を一定のあたたかさを保つことで体への負担は少なく、家族の健康も確保できます。
高気密・高断熱を実現した「FPの家」だからこそ、どの部屋も温度差の少ない室内環境を保つことができ、家族の健康を守ることができるのです。

■ヒートショックの原因

家の断熱性能が低いと部屋と部屋の間に、大きな温度差が生じてしまう。
\まずはカタログを見てみませんか?/ 無料カタログ請求

シックハウスに
ならない家〜有害物質やカビが出ない家づくり〜

アレルギー対策

シックハウスの原因は
カビと結露!

シックハウスの原因は?

シックハウスの代表的な原因は、建材や家具などに含まれる化学物質(接着剤・塗料・防腐剤に使わられるホルムアルデヒドなど)が発散する有害なガスとダニやカビです。この有害ガスとダニやカビは、壁内結露によって発生します。壁内結露により木材が腐ることで塗装されていた化学物質(接着剤・塗料・防腐剤に使わられるホルムアルデヒドなど)が揮発し有害ガスとなります。

また、壁内結露により木材にカビが繁殖し、カビをエサとしているダニも発生します。ダニもさまざまなアレルギーを引き起こします。壁内結露を放置することは、住んでいる人の健康面にも大きな影響を与えてしまうだけでなく、家の寿命を短くしてしまうのです。

FPの家の自信の証

FPの家の自信の証

「FPの家」は、全て独自に開発したFPウレタン断熱パネルを使用しています。
FPウレタン断熱パネルの素材は硬質ウレタンフォームといい、水や空気をほとんど通さない構造になっています。
素材そのものの優れた耐水性・防湿性に加え、施工においても外壁下地の内側に通気層を設ける仕様が、湿気の侵入や滞留をブロックし、壁内結露を防ぎます。
経年による品質劣化や性能劣化が極めて少ないFPウレタン断熱パネルは高性能証として壁内の無結露50年保証をお約束しています。

アトピー・アレルギー
の改善事例!

アレルギー症状の改善

FPの家は、高い耐水性の構造のため、結露が起こりにくく、カビが発生しづらい環境です。
そのため、カビを原因としたアトピーやぜんそくなどの症状が改善されます。また、気密性が高いため、外から花粉の侵入を防ぎ、花粉症の症状改善にも寄与します。

アレルギー症状改善の実例

佐賀県にお住いのこちらのご夫婦は、毎月通院するほどアレルギーに悩まされていました。FPの家に住み始めてから、体調がよくなり、今は通院せずに生活しています。
(出典元:堀田工務店)

さらに!
コロナ対策にも有効

24時間計画換気でクリーンな
室内環境を実現

新型コロナウイルス対策(以後、コロナ対策)のひとつとして重要視されてる「換気」。
換気は、いわゆる「3密」(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面)を回避するための対策の1つとして推奨されています。
「風通しが良い」と表現される通り、居心地のよい場所にはきれいな空気が欠かせません。そのため、「換気の良い場所」をつくることが必要です。

家の中の空気は、家具や建材などから発生すな物質や、ほこりやチリといった生活していく上で必ず発生する汚染物で汚れています。
これらの物質が人体に悪影響を及ぼさないように、汚染物質や水蒸気を排除、新鮮な空気を供給するのが計画換気です。
FPの家では、24時間計画換気実施し常にクリーンな室内環境を維持し、家族の健康を守ります。また、アトピーやアレルギーにも有効です。

\まずはカタログを見てみませんか?/ 無料カタログ請求