連窓から桜を望む家本体価格帯: 2000万円台

【見どころ】
狭小地という、建築困難な立地でも、建築家の手によって快適な空間を演出。大通りからの目線をはずし、LDKを2Fへ。春には連窓から桜並木を望むことができるのもポイント。

詳細情報

邸名
連窓から桜を望む家
家族構成
夫婦
延床面積
115.11㎡ (34.75坪)
工法
木造軸組
本体価格帯
2000万円台

この工務店のその他の実例

.

かがみの高台の家

本体価格帯費: 2000万円台

詳しく見る